中学受験と実務経験

塾講師には様々なタイプがあり、塾の方針に応じて生徒の指導を行います。生徒の学力を底上げするようなタイプの塾なら、基礎の指導を徹底しますし、中学受験対策を想定しているなら、学校で習わないような、より専門的な知識を身につけるための指導を行います。中学受験専門の塾講師は、普通の塾講師とは少し違うスキルが求められることが多く、特に実務経験の有無が重要視されることが多いです。

中学受験専門の塾講師は、受験対策を想定してより難易度の高い指導を行うことになります。そのためには特殊なカリキュラムを組む必要があったり、生徒に対しても厳しく指導する場面も出てきます。そのため、塾講師の経験がまったく無いままだと、授業をスムーズに進める事が困難になることもあり、それを避けるうえでも、一般的な塾講師としての指導経験が強く求められます。

中学受験専門の塾講師は、塾講師としての高い信頼が何より求められています。普通の塾のように学力や成績を向上させるのが目標なら、生徒ごとの成績の上がり幅にばらつきがあっても大きな問題にはなりますが、中学受験の場合は上がり幅が小さければ不合格になることもあります。もし不合格者が多ければ塾の信頼も失うことになるので、実務経験を長年重ねたベテランの塾講師のほうが、雇用する側としても信頼でき、就職もしやすいです。