先立って必要な経験

中学受験専門の塾講師は、一般的な小学生向けの学習塾とは異なり、より受験に特化したカリキュラムで授業を進めていきます。そのため指導内容はより難易度が高いものとなり、指導する講師にもそれなりのスキルが求められるので、求人情報を見ると、ある程度の経験がある人材を求める傾向にあります。そのため、はじめから中学受験専門の塾講師を希望しているという方は、その前に必要となるであろう経験を身につけておいたほうが、より確実に就職できます。

中学受験専門の塾講師には、塾講師としての実務経験がある程度必要です。中学受験を指導する場合、当然ゴールは受験に受かることとなります。その分受験に受からなかった生徒がいれば、その分塾全体の評価にも繋がるので、確実に合格させることが出来るよう、求人では小学生の指導に長けた人材を求める傾向が強くなるので、最低でも数年は塾講師としての実務経験を積んでおくべきです。

中学受験を指導するにあたり、過去の経験も非常に重要な要素として役立ちます。特に中学受験を受けた経験がある塾講師は、当時の自分の経験を踏まえて指導を行ったり、生徒に授業の重要性を伝えることが出来るので、過去に中学受験を受けたことがある方は、合格不合格問わずに評価されることが多いです。また、既にお子さんがいて、中学受験をさせたという方も、生徒はもちろん保護者にも自分の経験を伝え、親がするべき子どもへの支援の仕方を指導しやすくなります。