過去の経験でアピール

どんな業種であっても、就職活動の際は、自分の強みを積極的にアピールすることが大切です。塾講師の場合も、様々なアピールポイントをいかに生徒の指導に役立つかを伝えられるかが重要となってきます。中学受験専門の塾講師の場合、一般の塾講師よりも求められるスキルが高かったり、条件が厳しかったりといった特徴があり、アピールの仕方が足りないと中々就職できないこともあるので、過去の経験なども踏まえて積極的にアピールを行い、就職活動を進めていきましょう。

中学受験専門の塾講師は、過去の経験を重要視することが多いです。立てば、塾講師としての実務経験を重要視するところもあれば、中学受験を実際に受けたり、子どもに中学受験を受けさせたりといった経験がある方を雇うところがあったりと、様々な経験を見て判断しています。そうした経験がまったく無い場合は、自分の持つスキルなど、他の強みをどんどんアピールして、自分が使える人材であることを伝えられるよう努力しましょう。

より高度な指導を行う中学受験専門の塾講師となると、中学受験などには合格した経験がある人のほうが合格しやすそうに感じるかもしれませんが、むしろ受験に不合格になった経験があるほうが、その時の反省点を踏まえて指導が出来るということで、逆に採用されることもあるそうです。