転職する場合は

中学受験専門の塾講師は、普通の塾講師とは異なり、受験対策を念頭に置いた指導を行う必要があり、その分、高度な指導が求められたり、保護者との面談についても綿密な相談が必要だったりと、業務内容も多くのスキルが求められるようになります。そのため求人情報を見ても、実務経験が求められる傾向が高く、転職する場合は全くの未経験で応募するよりも就職できる可能性が高くなることがあります。

中学受験専門の塾講師の求人は、普通の塾講師の求人に比べて数は少ないものの、定期的に公開されています。最近は脱ゆとり教育の意識が高く、子供のうちから積極的に塾に通わせる家庭が増えている上、少子化の影響で一人っ子が多くなっており、子どもの教育に集中してお金をかけるようになり、受験が必要な中学に通わせる方がどんどん増えているため、求人情報が減る様子もありません。

求人情報は多いですが、求められるスキルは高いので、就職したくてもできないという方も出るかもしれません。前職での経験はもちろん、デスクワークのスキルなども塾講師には重要なので、一つでも多くの自分の強みを把握し、積極的にそれらをアピールするようにしましょう。求人数は少なくても、それに見合った実力があることを伝えることが出来れば、必ず転職にも成功するはずです。