保護者の対応スキル

塾講師の業務は、常に生徒の前に立ち、時には生徒の悩みを相談するなど、生徒一人ひとりと会話を重ねることが非常に重要ですが、時には保護者とも話し合う場を設けて、今後の生徒の指導方針などについて話し合う必要があります。人によってはこの時間が特に重要という方もおり、中学受験専門の塾講師の場合は、特に慎重に対応する必要もあるといいます。

中学受験を控えた生徒と保護者は、非常にナーバスになりやすいです。そのため保護者側が必要以上に子どもにプレッシャーを掛けて、子どもが激しいストレスを抱え、成績が伸び悩むケースも決して珍しくありません。こうした状態が続くと、最悪の場合受験に失敗し、塾全体の評価も下がるので、時には保護者を説得して、状況を改善させるよう努める必要もあります。とはいえナーバスになった保護者の対応は難しく、対応に長けた人材は強く求められています。

中学受験専門の塾講師の求人を見ると、経験者歓迎の求人も多く目にすることが出来ますが、それらは保護者に慣れていることも期待していると考えていいでしょう。もし保護者対応に自身があるのであれば、そのスキルを活かすためにも、中学受験専門の塾講師を目指してみてはいかがでしょうか。